>

忌日法要と年忌法要の種類

この記事をシェアする

忌日法要の意味

法要では、故人が菩薩の道に進み御先祖様となるために、十三仏信仰における13人の仏様からの教えを受けることを願う場所でもあります。

忌日法要(百か日も含む)では輪廻転生の教えに習い7日ごとに、閻魔大王などの十王から生前の罪に対しての裁きを受けるのです。
そして、四十九日目で天、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄の六道と、それらを超越した極楽浄土の中から来世が決まるのです。
法要では故人が極楽浄土に行けるように遺族が善や徳を送ることで、8人の仏様(初七日では不動明王、二七日では釈迦如来、三七日では文殊菩薩 四七日では普賢菩薩、五七日では地蔵菩薩、六七日では弥勒菩薩、七七日では薬師如来、百か日では観音菩薩)に極楽浄土への道のりを見守ってもらうのです。

年忌法要の意味

次に、年忌法要では極楽浄土へと入った個人が、菩薩の道へと精進しご先祖様となるために残りの5人の仏様に教えを頂けるように善と徳を送るために行います。

一周忌では勢至菩薩による「無限の光明と知恵」を、三回忌では阿弥陀如来による「信仰に徹すること」を、七回忌では阿閃如来によって「悟りや信心を堅固なものに」、十三回忌では大日如来によって「これまでを見直し、更に深い悟りへと」、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌は十三回忌と同様、三十三回忌で虚空蔵菩薩に見守られ、全ての修行の結果として、故人は菩薩となり、ご先祖様の仲間入りを果たします。

少し難しい話となってしまいましたが、理解して頂けましたでしょうか。
故人を偲ぶ際に少しでも思い出して頂けたらと思います。