年忌法要の意味

法要を行う事は、故人の為だけでなく、遺族、親族、友人、知人の為になります。
法要は大きく分けて「忌日法要」と「月忌法要」と「年忌法要」に分かれます。

「忌日法要」とは、主に亡くなられた日から7日ごと49日間、計7回行われます。
49日間では輪廻転生の考えに基づいて様々な事に関しての罪を裁かれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのです。
遺族や、親族などにとっては49日目には喪に服す期間は終わります。
この後にも100日目(百か日)には卒哭期と呼ばれ、故人に関して悲しむことをやめる日という法要もあります。

「月忌法要」では、毎月の亡くなった日にお墓参りや僧侶に読経をお願いし、故人に善や徳を送ります。

「年忌法要」は一周忌から三十三回忌まで8回行うのが主であり、それ以降も永代供養の為に五十回忌や百回忌などの年忌法要を行う地域や宗派もあります。

しかし、これだけの法要を行うと多くの時間と費用を要します。
そのため、現代では七日目、三十五日目、四十九日目、七回忌(六年目)、十三回忌(十二年目)、三十三回忌(三十二年目)が重要視され、法要が行われることがほとんどです。

加えて、なかなか遺族、親族と日程が難しく決められた日時に行う事が難しい場合は、「仏事は先延ばしにしない」という教えから期日よりも前に行いましょう。

本ページでは法要の意味と準備、流れに関して説明していきますので是非仏教の教えの理解と法要をおこなう場合に備えて最後まで読んで頂ければと思います。